我が家の住み替え顛末記3~振り返り~ mamalife

いろいろと書いていたら、PCが固まってデータ飛んだΣ(゚Д゚)
イラつくーーームカつくーーー

結局マンション→マンションの住み替えになりましたが、我が家の現状にはマンションが合っていたみたいです。
というのも、そもそものきっかけが「夫の通勤条件」が一番の目的だったので。
ただし妻の通勤も条件に入ってくるため、そちらも考慮するとなると、場所は決まってくる。
妻が仕事を辞めるとなると、予算が狭まる。そうなると場所も変わる。
こどもの就学を見据えると、それなりに治安が良いところならベター。

妻の仕事をどうするかでかなり選択肢が変わってくるため、相当悩みました。
体に支障が出るくらいね!
結論としては「老後を見据えて、できるだけ仕事は続けたほうがいい」となったため、予算を上げての都内マンションに踏み切れました。
条件は最終的に「通勤時間」「新築」「南向き」「戸境がコンクリート」「予算ぎりぎり」が折り合うのが今のマンションでした。
あと、セキュリティがしっかりしているというところ。
今後こどもが就学するにあたり、共働きだと留守番するようにもいずれなるなら、やはりマンションが戸締り含めて安心度が高いし。
そして、ゴミ出しが楽なのはねー…一度味わったら戻れないかも…24時間OKだし…
そのための管理費と思えばね。都内でクルマも手放せたし。サンデードライバーには駐車場代が見合わない。
幸い、平米数は前と同じ広さでいけました。
妻の通勤時間は少し伸びたけど、逆方向なので混まないのが大きなメリット。

f0358746_21303600.jpg















妥協したのが「広さ」「最寄り駅」「階数」。
広さは、一人っ子の我が家には70平米の3LDKで問題なし。
最寄り駅は各駅停車の駅になったけど、チャリでターミナル駅に行くので。
階数は、無駄に高層階になってしまった…。

妻が仕事を辞めるかパートになるかだったら、「予算」「築浅か新築」「建坪90平米以上」「二階建て」の一戸建てにしていたでしょう。
その場合、夫の通勤は…少しは近くなるけど、現在より我慢はしてもらう代わりに家事育児は妻ということで。
因みに夫婦でペアローンですので、住宅ローン控除も双方で受けられます。手数料も倍だけど。

やはり、優先条件をきっちり決めるのが一番の早道ですなーと実感。
考え方も、整理収納が大事だね!
不動産サイトにもさんざん書かれているけど、現実に折り合いをつけるのは難しいです。
とりあえず、今日はここまで。

[PR]
by yukimi1975 | 2017-09-05 21:34 | マイホーム | Comments(0)

小学生ムスメの母と主婦とフルタイム会社員の兼業をしつつ、気付いたことを文字に残した日記…のような。


by 雪見玉子
プロフィールを見る
画像一覧