記念すべき記事は…と思いつつ、結局思いつきで決める私。
このテキトーさが、良くも悪くも自分なのかも。

本題。
鏡のスゴさに気付いたのは、とある新築マンションのモデルルームでした。
ありきたりの横長リビングだけど、ダイニングエリア(カウンターキッチンの前あたり)
の壁に、横長の大き目ミラーが掛けてあり、それがすごく印象的でした。
ちょうどベランダへの掃き出し窓が映るので、外の景色がくっきり。
鏡の中まで解放感があり、実際よりかなり広く見えた!(実際は12畳程度だったはず)
残念ながらそのマンションではない別マンションを契約して今も住んでいますが、
ずっとその光景は覚えています。
その後、ネットでも実際にもあれこれモデルルームは拝見したけど、
くっきり覚えているのはインテリアも自分の好みにマッチしていたのもあるのかも。
フツーのシンプルあっさり系だったけど。
余談ですが、そこで初めてラッセルホブスなるメーカー名も知りましたw
(ステキなガラス製ポップアップトースターがあった)

てことで、去年自分でも取り付けてみました。
f0358746_20051325.jpg
ホントはデザインミラーがよかったけど、とりあえず失敗の少なそうな
シンプルタイプをニトリにて。(1900えん!)
数年ずっと懸案のままやっていなかったのは、鏡の重さをどうやって
クリアして壁につけるかでした。
壁にピクチャーレールとか、くぎ打ちとか悩んだけど、
石膏ボードにホッチキスで留めるタイプのフックを
取り付けることで、クリア。
トータル3000円弱ですんだぜヒャッホウ!

最初はダイニングテーブルの上に取り付けましたが…
なんか、しっくりこない。
なんで?
理由は、鏡の向こうにありました。
鏡の魅力である、映った向こうの世界。
映るものをあらかじめ計算しないといけなかった…
縦長リビングの我が家、テーブルの横にあるのは電話とかカウンターキッチンの壁のみ。
白ばっかりじゃないか!

なので、去年末にダイニングテーブルをやめて、ハヤリのリビングダイニング方式に変更。

ダイニングテーブルをやめて、ソファと昇降式のテーブル(これまた島忠とニトリで入手)。
そして、窓に近いリビングエリアに鏡を移設。
念願の、窓の景色(3階だけど、外に高い建物なし)が映える鏡になりましたぜ!
窓がない場所に鏡。うまく外が映るので、鏡が窓っぽくなり少し明るくもなりました。
そのうちコレ!てのを見つけたら、デザインミラーに変更したいなとわくわく。

が、弊害もありました。最初に取り付けたときにきがついたけど…
「部屋、モノ多すぎだ…」
こどもが生まれてから、劇的にリビングのモノが増えていく一方の我が家。
この頃、リビングにはジャングルジム(滑り台つき)やらミニキッチンやら玩具棚やら。
いつもの目線では慣れたのか気にならなかったけど、鏡越しにみて、
あらためて雑然とした部屋にがっくり。
現実もむご~く映す、鏡の正直さも痛感したできごとでした。

[PR]
トラックバックURL : https://yukimiegg.exblog.jp/tb/22409807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukimi1975 | 2014-06-26 20:04 | インテリア | Trackback | Comments(0)

23区内在住。小学生ムスメの母と主婦とフルタイム会社員の兼業をしつつ、お買物や育児諸々綴っています。


by 雪見玉子
プロフィールを見る
画像一覧