買い替え苦労のご褒美?確定申告に挑んだ覚書2016年度!

買い替えた年の確定申告から早一年。
今回は地味な話題のため、ウチのわんこで華を添えてみたり。
文字ばっかりで、関係ない方にはつまらん内容です。
f0358746_19364560.jpg




























大抵の方は、マイホームを住宅ローンで買うと思います。
なので、条件を満たせば住宅借入金等控除の申告のため、確定申告をせざるを得ません。
国税庁のHPには懇切丁寧なガイドもあるし、e-taxとかあるとはいえ、書類やら書き方ひとつで変わるため不安。
ということで、できるだけ税務署に行くことをお勧めします。
ちなみに現在は、ほとんど確定申告会場でも税務署の窓口傍でもパソコン入力となります。
判らない方にも、税務署の人が横について教えてくれるので大丈夫!
なお還付目的だけなら、3/16以降でも問題ありません。
還付時期が後倒しになるだけ。
ただしあまりに遅いと住民税の決定通知書で7月以降の控除額に修正が入る恐れがあるので、会社の総務担当者の負担減のために早めに行きましょうw

私の場合ですが、ネットの確定申告書作成コーナーであらかじめ作成して紙印刷を持参しました。
結局税務署で入力し直すんだけど、IDとPWあれば、そっから続きを書けるので。
というのは、解釈を間違えていたら還付額にモロ影響するので、税務署の方にはおんぶに抱っこ状態です。
迷惑なBBAでサーセン!

必要な資料をそろえ、おうちでポチポチ。
いちおう最初のマンション購入でも夫婦でペアローンだったので、当時もやったから楽勝~♪とか思っていましたが。
ぜんぜん覚えていませんでした(白目)。
もちろん当時の控えは取っていましたが、どーしてこの数値だったけ?とかがほんと頭から出てこない。
マンションの登記内容が違うし、当然なんだけど…ほんと、自分の頭弱っぷりにorzでした。
とはいえ、こういう時でないとなかなか登記内容とか見ないし、苦しくても自分でやるべきですね。

そして、今回は買い替えです。
一定の条件を満たせば、買い替えた差損分を経費として計上し、控除に加えることによって減税できます。
住宅控除と買い替え差損特別控除の併用が可能ってのは、ネットだけじゃイマイチ判らなくて、このために税務署に行った甲斐がありました。
5年以上住んでいてよかったよ!
きちんと申告できれば、本当に住宅控除は大きい!
私は住宅控除+買い替えの特例のおかげで
住民税が前年度から約1/10以下に減りました
月の給与からこんだけ減ると、手取りが全然違うので大きいです。

しかし私ときたら、二回も書類を忘れて、4回も結局税務署に足を運ぶ羽目になりましたorz
1回目は会社の源泉徴収票(キホン)。
2回目は特例のために必要な証明書類。
いくら夫と2人分作ったからとはいえ、忘れすぎだろう!
私のようなアホはそういないと思いますが、くれぐれも書類の点検は何度か行いましょう!
ちなみに源泉徴収票は結構使う機会があるため(特に子供がいる人)、会社には何枚か発行してもらいましょう。
web源泉の会社だといいなー、頼まなくて良いし。

↓よろしければぽちり頂けると幸いです。

[PR]
トラックバックURL : https://yukimiegg.exblog.jp/tb/29601618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukimi1975 | 2018-02-20 20:21 | マイホーム | Trackback | Comments(0)

23区内在住。小学生ムスメの母と主婦とフルタイム会社員の兼業をしつつ、お買物や育児諸々綴っています。


by 雪見玉子
プロフィールを見る
画像一覧