新旧比較!それぞれのおうちで求めたもの。

せっかくマンション買い替えして2年以上経過したことだしと、あらためて振り返ってみます。
f0358746_21242650.jpgf0358746_03193682.jpg














































上が現住(2016~)、下が以前(2008入居)のキッチンです。旧居も新築マンションでした。
画像はビーフシチュー作成中でしたw
両者に共通しているのは、「竣工済」「特にオプションはつけていない」です。
それ以外はスペックもデベも施工会社もエリアも全然違います。
旧居はまだ結婚して時期も浅く、共働きもまだ軌道に乗ったばかりだったので、じぇんじぇんこだわりもなく。
画像にあるルクルーゼの鍋位が思い切って買ったキッチン用品ってところでした。
ただし、この頃から
「整流板レンジフード」
「ガラストップのビルトインコンロ」
「ディスポーザー」
「ハンズフリーインターホン(録音機能付き)」
「浄水器つき分岐水栓(ホースが伸びるやつ)」
「継ぎ目なし洗面ボウル」
「ダブルロック(鎌デッド錠)」
「ドアセキュリティ」
「ウォシュレットトイレ」
「フルオートバス」
「カラリ床」
等々はフツーにありました。ちなみに旧居は長〇工の施工です。

洗面所。上が新居、下が旧居。
f0358746_00470378.jpg




























f0358746_20033597.jpg
















前の記事
でも書きましたが、10年前竣工マンションでもフツーにあった設備が、最近はカットされつつあるのが悲しい所。
以前、ウォシュレットすらオプションというのをsuumoで見て驚愕しました。
そこまでカットするんかい!と。
確か神奈川県某市のの某セレブタウンでした。

旧居に求めたものは、「3LDK以上」「通勤利便性」「駅から徒歩圏(10分以内)」「南向き」。
新居に求めたものも、同じ。
ただし、夫の勤務先が移転していたので「通勤利便性」の内容が大きく変わりました。
そして予算的には「駅から徒歩圏」の「10分以内」は妥協。
ただしやっぱり南向きは快適なので、結果的にここは譲りませんでした。
旧居の時はまだこどもがいませんでしたが、近い将来に欲しいと思ったので3LDK以上。
旧居は間取りが良かったので(お見せできなくて残念)、同じものは無理でした。
あと、「暖かい」。旧居の前にいた一戸建ては昭和の一戸建てらしい寒さで冬はきつかった…
「都市ガス」も重視しました。
ガスファンヒーターが寒い一戸建てで大活躍なものの、プロパンだと高くて。
まぁイマドキのマンションでプロパンは考えにくいけど。
そして、「戸締りが楽」!共働きだと、やはりここは大きい。
なので、マンションになったのでした。
角部屋は魅力的だけど、高いのと寒いのではと固定概念がありまして。という、買えなかった僻みw

結婚当初こそ賃貸でしたが、暮らしてみてやっぱり
「おうちで快適に過ごしたい」
「通勤で過度のストレスを感じたくない」
というのが夫婦の共通点。だから、購入に前向きになりました。
新築にしたのは、水回りは新しいのがいいなというのがあったせいですが。
勤務先移転の話で転居が必要!となった際も、やっぱり購入になったのはこのせいです。
だって賃貸だと、家主の都合のよいスペック(収益という点で)になる。
何の設備にも許可がいるし、画鋲すら気を遣う。
三井のパークアクシスみたいなステキ賃貸もあるけど、家賃が(;゚Д゚)
いったん分譲の快適さに慣れてしまうと、もう戻れないなー。
最近は大規模リノベーションもメジャーになってきたから、中古でも敷居が低くなったのは良い傾向かも。
当時はまだ比較サイトもあまりなく(マンコミュはあったけど)、梁の位置やら柱の位置が重要とか全然分かっていなかったから、竣工済で実際の部屋を見なかったら、柱のせいで部屋が狭いとか判らなかったと思います。
「5畳って書いてあるけど狭い(柱が食い込んでいるから)」とか。
結果的にはあまりインフレームされていない部屋に住めたので、実際に確認できる竣工済物件も悪くないと思います。
今時はリビングすらアウトフレーム化されていない物件も見かけるのがイヤーな風潮です。
あっ、またディスってしまった(;´Д`)

今の家を探す際に、実質面積がどのくらいかも一応確認しました。
リビング側じゃないほう(田の字型だから、寝室側)がほぼアウトフレームになっていたのも、決め手の一つでした。
設備等や施工が割とスペック高い割に値段が手ごろってことは他に欠点があるからで、立地がイマイチです。
ですが、決定的な欠点ではないと我が家は判断して決めました。
将来的な資産価値としてはマイナス部分だけど、すべてかなえる物件は高いし、それ以上の魅力があって家族の幸せが描けるのであれば、比較サイトでやいやい言われる「資産価値ガー」「駅近ガー」とかは話半分で良いと、今住んでいて実感しています。
実際、旧居も欠点があったけど快適でとても幸せな生活だったと断言できます。

でも、確かに思うのは「売却時にローン残債を下回らない」は、最低限として考えた方がいいです。
繰り上げ返済や頭金は入れたといはいえ、やっぱり異様に安く売ってしまったら身動きつかなくなる。
ずっと住むつもりで買ったとはいえ、今回みたいに事情は変わるかもしれない。
とすると、利益を望むとかじゃなくて「借金が残る状態は避ける」のは必須です。

気が付いたらすごい長くなりましたが…
誰かの参考になれば幸いです。

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし



↓よろしければぽちり頂けると幸いです。


[PR]
トラックバックURL : https://yukimiegg.exblog.jp/tb/29787582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukimi1975 | 2018-05-14 20:43 | マイホーム | Trackback | Comments(0)

23区内在住。小学生ムスメの母と主婦とフルタイム会社員の兼業をしつつ、お買物や育児諸々綴っています。


by 雪見玉子
プロフィールを見る
画像一覧