人気ブログランキング |

2019年 03月 22日 ( 1 )

たまにはワーママ記事を。小1の壁について覚書(学童編)

f0358746_20212544.jpg
先日入手したフルッタちゃんで、休日くらいは晩酌したい。
ワーママカテゴリにいながら、最近は全然その手の記事を書いていなかったので反省がてら。

我が家のムスメは来月より低学年ではなくなります。
つまり、ようやっと小学生ママンとしての生活が軌道に乗ってきたということです。
しかしやっぱり、世にいう小1の壁はきつかったです。
ウチはムスメの就学前に今のマンションに買い替えて引っ越してきたのですが、
理由の一つに「夫婦で乗り切らないと超えられない」という危機感もありました。
ジジババの支援が期待できない状況でしたしね。

引っ越し先の自治体は、結構恵まれていました。
というか、決め手のひとつでもありました。

・学童は19時まで延長OK
⇒自治体によるけど、18時までという自治体の方が多いです。
このせいで仕事をあきらめざるを得ない親御さんも多い。

・校内に学童あり
⇒校内というだけで、安心感が全然違う!
学校近辺に不審者が多いからねー。

・利用料も数千円と安め(おやつ込)
保育園の保育料もだけど、自治体によりホントに幅広いよねー…
自治体HPの学校関連に大体記載があるはずなので、引っ越し検討の方はチェック必須です!

・全員入れる(超重要!!)
育休中だとダメな自治体、非常に多いです。
定員オーバーなんだとか。場所代とかの都合ですかね。
学童も入った時期でお友達と関われるかが変わるので、メンタル面でもケアが必須になります。
民間学童がソコソコある地域じゃないと一気に無理ゲー。
その民間学童も、手続きやらで結構面倒なので、ただでさえ就学準備が忙しいのにさらにきっつくなりました。
(就学&公営学童&民間学童のトリプルコンボ!)

我が家は民間学童も併用しましたが、すぐいらなくなりました。
やっぱり校内にあると、学校のお友達とそのまま学童で遊べるのはメリットが大きい。
先生もすぐそばにいるわけだし。
メンタル面でも親がすぐ先生に相談しやすいからです。

そして、入学前から学童に行かせられない自治体もあるのに驚愕。
なんですか、入学式までずっと休めるワーママ(パパ)がどんだけいると思っているんですかね?
学校より学童が先にデビューになるのはこどもにもきついけど、それ以前に預け先がないのはかなり死活問題。

我が家はこの手の問題がひとつでも欠けていたらホント詰んでいたかもしれません。
まだまだ、フルタイムワーママは少数派だと思い知らされました。
この話は長くなるので、分けます。


↓よろしければぽちり頂けると幸いです。
にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

by yukimi1975 | 2019-03-22 07:30 | こども | Trackback | Comments(0)

23区内在住。小学生ムスメの母と主婦とフルタイム会社員の兼業をしつつ、お買物や育児諸々綴っています。


by 雪見玉子
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る